ブラームス交響曲 No.3&No.4

ブラームス交響曲

Add: owume6 - Date: 2020-12-18 20:07:34 - Views: 1800 - Clicks: 6297

日本では交響曲第3番とハイドン変奏曲、第4番と大学祝典序曲が日本コロムビアから発売され、それ以外の交響曲2曲と悲劇的序曲は、創立間もないcbsソニーから1968年8月にlp4枚組の「ブラームス:交響曲全集」(品番sons30001~4)として発売されたのが最初で. 4 / Orchestre National de la RTF) 2CDがライトクラシックストアでいつでもお買い得。. 4 | Paavo Jarvi & The Deutsche Kammerphilharmonie Bremen 品番 1CD:SICC 10269 定価: ¥3,000+税 ハイブリッドディスク / DSD Recording SACD Multi: 5. See full list on 200k. ★★★★★ 一楽章、ゆったりとたっぷり歌う第一主題。チェロとホルンの旋律も豊かです。さらにゆっくりとなった第二主題。響きはすっきりしていますが、テンポを落として濃厚な表現もあります。とても粘着質で濃密です。テンポの変化も多いです。 二楽章、とても静かに演奏される第一主題。ヴァイオリンの第一主題の変奏は夢見るような美しいものでした。テンポはゆっくりです。とても感情が込められて美しい第二主題。遅いテンポですが、のめりこんでドロドロになることは無く、聞くのに負担はあまり感じません。最後のホルンの主題はすごく遅いテンポです。 三楽章、ゆったりと堂々とした第一主題。タメがあったりします。再現部の第一主題は一音一音切り分けるような表現です。マゼールらしい自由奔放な演奏です。強力な金管。コーダでもテンポが遅くなりました。 四楽章、シャコンヌ主題を大きくクレッシェンドしました。ゆったりと始まりましたが、途中でテンポが速くなります。本当に自由にテンポが動きます。太く暖かいフルート。強弱の変化も大きくとても積極的な表現です。交響曲第二番の回想部分はゆっくりと一音一音刻み付けるような演奏でした。最後のトロンボーンはとてもゆっくりでした。そのままゆっくりのテンポで終わりました。 マゼールの思いのままに自由にテンポが動く演奏でした。若いころはわざとらしい表現も見受けられましたが、この演奏では自然なテンポの動きと表現で、それがもたれることが無く最後まですっきりと聞けました。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. ★★★★★ 一楽章、ヒスのイズの中からメタリックな第一主題が聞こえます。とても良く歌い流れの良い演奏です。とても滑らかな第二主題。静寂感もあり、とても良い演奏です。硬質なティンパニが少しメタリックな響きの演奏にピッタリです。木管楽器が立っていて美しいです。一音一音丁寧に心のこもった演奏です。 二楽章、控え目で奥ゆかしい木管の第一主題。力のある三連音の動機。穏やかなチェロの第二主題。第二主題の再現はとても美しい。 三楽章、間を空ける部分もあります。とても生き生きとして快活な演奏ですがとても落ち着いた足取りの確かな演奏です。オケがワルターと演奏できることに嬉々としているような様子がにじみ出るような、とても楽しげで豊かな表現です。 四楽章、力みの無い穏やかな冒頭。歌う木管。弦も自然な歌で好感が持てます。必要以上に金管を強奏させることはなく、表面を飾ることもなく、自然ににじみ出る渋さがすばらしい演奏でした。. そしてフランソワーズ・サガンが「ブラームスはお好き?」という小説を書きました。 3.

ブラームス:交響曲全集(3枚組)(Brahms:Symphonies(complete)) ブラームス, ヴォルフガング・サヴァリッシュ 他 5つ星のうち4. 98 )は、第3交響曲完成の翌年1884年から1885年にかけてヨハネス・ブラームスが作曲した最後の交響曲。. . ★★★★★ 一楽章、柔らかい金管のモットーに続いて切り込み鋭いヴァイオリンの第一主題。控え目で美しいクラリネットの第二主題。所々で浮かび上がる木管の第二主題がとても美しい。 二楽章、伝統を受け継いだ古き良きドイツの響きがとても美しい。潤いのある瑞々しい響きとスイトナーの端正な表現がマッチして素晴らしい演奏です。 三楽章、控え目ながら十分な表現で、品良く保たれた演奏で格調高い仕上がりです。 四楽章、激しい部分でも暴走することはなく、抑制の効いた演奏です。渋い表現で統一された見事な演奏でした。.

帝王カラヤンがベルリン・フィルと1978年に録音した交響曲4曲を中心としたブラームス作品集。カップリングに同じく1978年録音の《悲劇的序曲》と1964年録音の《ハイドンの主題による変奏曲》の2曲も収録。 指揮者:ヘルベルト・フォン・カラヤン. 90 第4楽章 悲劇的序曲 op. More ブラームス交響曲 No. それは映画化され「グッドバイ・アゲイン」という英題となり. ロジャー・ノリントン, ブラームス交響曲の演奏ノート, 1990, A booklet accompanying the CD of Brahms&39; symphonies by Norrington Bernard D.

★★★★★ 一楽章、強弱を大きく変化させて歌う第一主題。チェロホルンの旋律の後からホルンをかなり強く吹かせました。ホルンを中心に金管はかなり強く演奏してダイナミックです。かなり激しい演奏で畳み掛けるように押し寄せてきます。 二楽章、この楽章でもかなり強めに吹かれたホルンの動機。落ち着いた第一主題。美しいヴァイオリンの変奏。対位法的に絡むパートも上手く表現されて美しい第二主題。再現部も非常に美しい。第二主題の再現も重厚で暖かみのある響きで音楽に引き込まれます。ストコフスキーは小手先の表面的な効果ばかり追いかけていた人かと思っていましたが、こんなに美しい内面から湧き上がる音楽を演奏していたのかと改めて見直しました。 三楽章、元気良く始まりました。第二主題で僅かにテンポを落として穏やかな音楽です。展開部からは生き生きとした生命感溢れる音楽です。テンポを落としてホルンの主題の変奏。再現部で元のテンポに戻り、再び元気な演奏です。華やかなコーダ。 四楽章、強弱の変化は絶妙です。ホルンの強奏が効果的です。 ブラームスの音楽と言うととかく渋いと思いがちですが、この演奏は華やかで色彩感豊かな演奏でした。ブラームスを違った角度から聴かせてくれた名演です。. ブラームスの交響曲3番第3楽章は その哀愁を帯びた美しいメロディで有名です。 Johannes Brahms - Symphony No. ★★★★★ 一楽章、冒頭から硬派の演奏を感じさせるカチッとした表現。僅かな揺れのある第二主題ですが、非常に手堅い演奏はここでも続きます。厳格でほとんど遊びが無く切々と訴えて来ます。 二楽章、ゆっくりと薄暗いホルンの動機。続く木管も静かでインテンポで微動だにしません。第一主題はとても静かです。ヴァイオリンの第一主題の変奏から少し華やかになりますが、基本はとても芯の強い音楽です。第二主題は静かなチェロの周りをヴァイオリンが彩ってとても美しくあまりチェロは強調されていません。第二主題の再現は重厚ですが、とても穏やかです。アバド/ベルリンpoの演奏が「動」だとすると、この演奏は「静」です。. それが大人になってブラームスの交響曲1番の第4楽章だと知った時は感動したな。 ちなみにピアノ協奏曲は仰々しい1番が好き。 ユーザーID. ブラームス 交響曲第4番 - アバド/ベルリンフィル/04) ブラームス 交響曲第4番 - ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデン/30) ブラームス 交響曲第4番 - エッシェンバッハ/ヒューストン交響楽団/29). 1〜5日以内に発送いたします。 お気に入り. クラシック音楽に精通してくると、ほとんどの方が手にするようになるのがベートーヴェン、ブラームス、そしてマーラーの交響曲全集でしょう。これら偉大な作曲家の、才能と努力の結晶である交響曲全集は演奏家ごとに解釈や演奏スタイルに違いがあって、聴き比べるととても面白いです. ★★★★★ 一楽章、弱い音からスーッと入る第一主題。ライヴでの一体感のある分厚い響きにはいつもながら関心します。重厚な響きはブラームスらしいです。第二主題は大きな表現はありませんが、全体の構成の中にきっちりと収まっている感じがします。展開部の第一主題は弱々しいとさえ感じるくらい優しい演奏です。ベルリンpoのライヴでのこの合奏力には舌を巻くしかありません。堂々とした風格の横綱相撲です。 二楽章、ホルンの後に木管と弦のピツィカートだけになった部分の静寂感はとても良いです。ヴァイオリンの第一主題の変奏もとても美しいです。第二主題は静かですが、とても心に訴えてくる表現で素晴らしいです。第一主題の再現も柔らかく心に染み入るようです。ゆったりと暖かく厚みのある第二主題の再現。最後のホルンは力強い演奏でした。 三楽章、オケが一体になってスピード感のある第一主題です。活発に歌う第二主題。展開部の第一主題はティンパニを含めた分厚い響きが印象的です。ティンパニの存在感はとても大きいです。 四楽章、ソロや旋律を演奏する楽器を伴奏するパートが常に包み込むようなバランスで、とても良く溶け合っています。充実した響きの中で演奏される音楽も作品を正面から捉えた堂々としたもので、素晴らしいです。 分厚い響きで一体感のある演奏で、とても見事でした。弱々しく優しい表現から、凄く厚みのある強靭な響きまでブラームスをしっかりと聞かせてくれました。素晴らしい演奏でした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。.

ベートーヴェン:序曲「コリオラン」、ピアノ協奏曲第3番、ブラームス:交響曲第4番 (Schuricht Live Collection - Beethoven : Coriolan, Piano Concerto No. 日本での話題はいまいちだったかも知れないがポーランド出身の名匠アルトゥール・ロジンスキ(Artur Rodzinski /1892~1958、写真1)のブラームス交響曲録音にスポットをあててみたい。. Sherman, Review of the Brahams Symphonies by Charles Mackerras, 1997-11/12, Fanfare. 管理人おすすめの名盤はこちら! ブラームス:交響曲第4番ホ短調 op. 第1楽章 Allegro non troppo(00:20) 冒頭、弦楽器が奏でるもの悲しい憂いに満ちた旋律が印象的です。 中間部では金管楽器のファンファーレに導かれて勇壮な側面も垣間見せます。 しかし再び哀切な表情が支配し、最後は劇的に終結します。 第2楽章 Andante moderato(13:00) ホルンから木管楽器に受け渡される旋律はフリギア旋法と呼ばれるバロック以前の教会で用いられた書法に基づいて書かれています。 何度も繰り返される冒頭の旋律が穏やかで温かく、素朴な旋律の中にも美しさを感じる楽章です。 第3楽章 Allegro giocoso(24:40) giocoso(陽気に、おどけて)と指示された通り、一転して明るく生き生きとした音楽が展開されます。 中間部ではテンポを緩め牧歌的な旋律をホルンが奏でますが、それもほんのひと時で再び活気を取り戻し一段と高揚し曲を終えます。 第4楽章 Allegro energico e passionato(31:00) 重厚な響きで奏でられる8小節の和音がこの楽章の主要な主題となっています。 ブラームスはここでもバッハの頃に全盛を迎えたバロック期に流行した変奏曲の形式であるシャコンヌの様式を取り入れています。 曲想は厳格でやや悲劇的な雰囲気に包まれており、劇的なフィナーレを飾ります。.

★★★★★ 一楽章、少しアンサンブルが乱れる第一主題。テンポを動かして濃く描きます。押すところと引くところがある第二主題はとても奥ゆかしい表現でした。とても優雅で舞うような演奏です。コーダに入ってかなり強奏しますが、それでもどこかおおらかでガツガツしません。 二楽章、ゆっくりとしたテンポですが、引っかかるところの無い流れるような主要主題です。とても遅いテンポで演奏されますが、強い表現ではないので、とても心地よく流れて行きます。 三楽章、非常にゆっくりと感情を込めて歌う主要主題。小節の頭を強く演奏することも無く、自然な歌でゆったりと流れます。ホルンに主要主題の再現があった後の弦の主要主題が揺れ動くようにとても優雅でした。 四楽章、アクセントを強く演奏する第一主題。第二主題もしっかりとした表現があります。強奏部分でも常に余裕を残していて、がむしゃらな演奏にならないので、ゆとりのある演奏で力みなどは全く感じさせません。 とても優雅な演奏で引っかかるところの無い流れの良い演奏でした。自然な歌や、揺れ動くような表現もとても美しく見事でした。強奏部分でも余裕を残した力みを感じさせないことも優雅な印象を強く感じさせてのだと思います。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。. 3 in F major, Op. 3, Brahms : Symphony No. ★★★★★ 一楽章、ゆったりと優しい第一主題。自然な歌の第二主題。オケは少し遠くにありますが、豊かな残響を伴って奥行き感のある美しい響きです。静寂感もあり、緊張感も伝わって来ます。ゆっくりゆっくり音楽が進みます。どっしりとして堂々たるコーダでした。 二楽章、響きを伴って豊かなホルン。ヴァイオリンの第一主題の変奏はは夢見心地のような美しさです。朗々と歌う第二主題。第二主題の再現はとても美しいです。最後は深みのあるホルンで締めくくられました。 三楽章、物凄くゆっくりで丁寧な第一主題。豊かな残響で巨大な響きになります。ジュリーニの最晩年の芸風に如実に示している演奏です。 四楽章、細かな動きも決して荒くはならずとても丁寧です。金管も木管も奥まったところから響いてくるので、金管が強奏してもバランスが崩れません。滑らかな歌が美しいです。とても遅いテンポですが、弛緩しません。 凄く遅いテンポで美しい歌と奥行き感のある美しい響きで、夢見心地のような表現や巨大な響きも併せ持つ良い演奏でした。晩年の遅いテンポで音楽の密度自体が薄まったような演奏もありましたが、この演奏は終始密度を保っていました。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. ★★★★★ 一楽章、豊かな響きをともなって、なんとも柔らかい弦の響き、その合間を縫うように艶やかな木管。この演奏でも骨格の非常にガッチリとした堂々とした風格が漂います。美しい演奏にどっぷりと身を任せることができます。奇を衒うようなことは無く、正々堂々と正面から作品に向き合っている演奏です。ウィーンpoの深みのある響きも魅力的です。 二楽章、ゆったりとしたテンポで音楽を噛み締めるように進みます。誇張することもなく自然な歌で時の流れを忘れてしまいそうです。深みがあって美しい! 三楽章、いぶし銀のように渋い響き。ソロもこの音でなければと思わせる統一感のある美しさです。トゥッティは重量感溢れる一体感です。 四楽章、トゥッティでもがっちりした骨格に乗っている安定感!すばらしい名演でした。.

ヨハネス・ブラームスの交響曲第3番ヘ長調作品90(ドイツ語: Sinfonie Nr. 98 カルロス・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 録音時期:1980年3月 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール レコーディングが少なく、キャンセル魔としても知られ、指揮するというだけで世間でニュースになるほどカリスマ的存在であった当時50歳のクライバーがウィーン・フィルハーモニーを指揮した名盤です。 「Amazon Music Unlimited」で数多くの録音を聴き比べてみませんか? いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください! お役に立ちましたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 音楽(クラシック)ランキング. 露メロディア 33D 09867/68 (青のダブルレター・ラベル) 42年戦時下の伝説のベルリン・ライヴ。. ★★★★★ 一楽章、ゆっくりと哀愁に満ちた表現で豊かに歌います。表現の限りを尽くしたような第一主題。滑らかに歌う第二主題。エネルギーに溢れて若々しい表現です。ガツガツと動く弦など、とても活動的です。スピード感や激しさもあります。 二楽章、音が短めで弾むようなホルンの動機。静かに内に秘めるような第一主題。ヴァイオリンの第一主題の変奏はとても美しいです。湧き上がるように美しい第二主題。分厚く流れる第二主題の再現。コーダはとても壮麗でした。 三楽章、独特の間がある第一主題。展開部のホルンもウィーンpoならではの柔らかいものです。若々しく元気な演奏です。テンポの微妙な変化などとても練られています。 四楽章、シャコンヌ主題の後に絡み合う木管がとても生き生きと動き回りました。テンポは速く快活です。陰影を感じさせるフルートのソロ。シャコンヌ主題が再現してから激しく活発に動くようになります。最後はテンポを速めて緊張感が高まって終わりました。 とてもこだわった独特の表現があり、とても練られた演奏でした。若々しく元気な演奏は作品に合っているかは分かりませんが、クライバーのこだわりは十分に伝わって来ました。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。.

ブラームス: A面 交響曲第3番 ヘ長調 op. ★★★★★ 一楽章、深い呼吸で最初の音を長めに演奏してたっぷりと歌う第一主題。そよそよとそよく風のような雰囲気から次第に加速して激しくなって、ホルンとチェロの旋律になります。この旋律も良く歌います。音の鮮度が高く生き生きとした若々しい躍動感があります。波が押し寄せるように押したり引いたりする展開部の第一主題。コーダに入ると演奏は激しくなりますが、演奏は整然としていて、熱気はあまり感じません。 二楽章、活発な動きのある第一主題ですが、感情は抑えているような感じがします。枯渇することなく絶え間なく湧き上がる泉のような豊かな音楽です。第二主題は豊かに歌います。とても反応が良くストレートに表現するオケ。再現部の第一主題はかなり激しい演奏です。第二主題はとても厚みのある演奏です。 三楽章、はつらつと元気の良い第一主題。ガツガツと深く切れ込んでくる弦。ブラームスにしては色彩感も豊かです。 四楽章、最初強く入って次第に弱くなったシャコンヌ主題。暖かいフルートのソロ。シャコンヌ主題が再現されてからは激しい演奏です。コーダは若いオケのエネルギーがはじけるような爆発でした。 若いエネルギーが作品を掘り起こすような演奏でした。若々しくはつらつとした演奏はこの作品の本来の姿では無いかも知れませんが、演奏自体はとても魅力的なものでした。 このリンクをクリックすると動画再生できます。. ブラームス : 交響曲第4番 ホ短調 Op. ★★★★★ 一楽章、ゆっくりめのテンポで、柔らかく伸びやかで微妙な抑揚が心地良い第一主題。とても品の良いクラリネットの第二主題。透明感が高く、すがすがしく美しい響きです。伸びやかで窮屈さが全くありません。提示部の反復の前はテンポをかなり落として強く印象付けるような濃い表現でした。 二楽章、この楽章もゆっくりめのテンポでとても素朴なクラリネットの主要主題。爽やかで美しい響きがとても魅力的です。ザンデルリングの指揮も押し付けがましい表現は無く、自然体で奥ゆかしい表現で、音楽にどっぷりと浸ることができます。 三楽章、深く思いの込められた主要主題。とても哀愁を感じさせる演奏ですが、それが作為的な表現で演出されるのではなく、自然体の伸びやかな表現から生まれてくるのがとても良いです。ホルンの主要主題の再現は何とも言えない陰影をともなった非常に美しい演奏でした。 四楽章、自然体の第一主題ですが、とても奥行感のある伸びやかな演奏です。トゥッティでも透明感があってとても美しいです。ゆったりと堂々と構えたトゥッティ。儚いコーダも自然に表現されました。 自然体で伸びやかな表現と奥行き感のある美しい響きでした。誇張された表現は一切ありませんが、素朴な雰囲気や哀愁や儚さを見事に表現しました。特に三楽章の哀愁の表現は絶品でした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。. 90 ワーグナー: ③ジークフリートの葬送行進曲(楽劇「神々のたそがれ」より) ④楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕前奏曲.

交響曲 第1番 ハ短調 作品68 第4楽章: Adagio-Piu Andante-Allegro non troppo,ma con brio 00:17:06 録音:Studio. . ブラームス:交響曲全集 CD-1 ・交響曲第1番ハ短調 op. ブラームス 交響曲第4番第一 0:04 第二 13:00 第三 25:05 ブラームス交響曲 No.3&No.4 第四 31:20アバド / ウィーンフィルハーモニー1976年5月23日 ムジークフェライン. ブラームス: 交響曲全集 CDの通販できる商品のページです。dショッピングはドコモが運営する総合通販。 クラシック、クラシックなどお得な商品を取り揃えております。. 名曲リストからクラシックの作曲家ブラームスの名曲(代表曲)を検索できます。検索結果からお好きな曲をご試聴. 90 第1,2,3楽章 B面 交響曲第3番 ヘ長調 op.

野本由紀夫『ブラームス 交響曲第4番作品98解説』、全音、年。. 90 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (指揮) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 録音 : 1948年10月24日 1、1949年12月18日 2 / ティタニア・パラスト、ベルリン (ライヴ). ブラームスの作風は、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの影響を大きく受けていたこともあり、ロマン派に属する作曲家の中で最も古典派に近いものでした。ブラームスのようにロマン派に属しながらも古典派の影響を強く受けた作曲家、すなわちブルックナーやマーラーなどの作曲家については新古典派と呼ばれることもあります。 ブラームスは古典派的な作曲技法を多用し、ソナタや交響曲、協奏曲といった古典主義的な形式を愛し、古典派的な形式に基づく音楽を多数生み出しました。 オペラを創作するには音楽の才能だけではなく文学の才能も必要であることを認識していたブラームスは、自身の文学的才能の欠如を理由にオペラの創作は行いませんでした。 さらにブラームスはロマン派の特徴でもある、リストやワーグナーによって開拓されたばかりの新ジャンルである交響詩にも同様の理由から手を出しませんでした。. 4 フルトヴェングラー 露 戦中録音 GOST-61 W.フルトヴェングラー指揮/ベルリン po. 1,078 円 + 送料398円 (全国一律). ブラームス:交響曲全集 金聖響指揮/オーケストラ・アンサンブル金沢 年4月~年3月 石川県立音楽堂コンサートホール AVCLP)(C) Avex Entertainment Inc. 1977-78年の優秀録音です。 べーレンプラッテからお客様へ 当店のレコードは、店主金子やスタッフたちが、おもにヨーロッパに直接出向き、実際の目と耳で厳選した、コンディション優秀な名盤ばかりです。. ブラームス : 交響曲第3番 ヘ長調 Op.

90 CD-4 ・交響曲第4番ホ短調 op. ブラームス 交響曲No. ブラームス: ・交響曲第3番ヘ長調op. ブラームスの交響曲第4番は、それまでのドイツ音楽の培ってきた作曲技術、文化の集大成であるとともに、次世代への標石であるといえるだろう。 参考文献. jp , Tower Records.

★★★★★ 一楽章、豊かに鳴り響く金管。ティンパニに隠れるような第一主題は活発な動きです。テンポは速めです。弱音は消え入るように弱く演奏しています。第二主題も弱いですが、実に優雅で滑らかです。分厚い響きですが、スピード感もあります。 二楽章、のどかな田舎の情景を思い出させるような冒頭のクラリネット。柔らかく厚みのある弦が素晴らしい。大きく歌うことはありませんが、どっしりと構えた安定感は抜群です。 三楽章、内に秘めた感情が滲み出るようなチェロの主要主題。主要主題が木管に移ると表情は豊かになります。 四楽章、速めのテンポでサラッと演奏される第一主題。第二主題も大きい表現はありません。展開部の第一主題はビート感の強いものでした。金管で演奏されるコラール風の動機はかなり激しい表現でした。コーダの儚さもとても良かったです。 やはりカラヤンのライヴはスタジオ録音とは別物ですね。消え入るような弱音から激しいトゥッティまで幅広い演奏や滲み出るような表現もなかなかでした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。. 98 北ドイツ放送交響楽団 ギュンター・ヴァント(指揮) ギュンター・ヴァント~老境に入ってからの神のような進歩の跡 ★★★★★ 一楽章、モットーから一気に開放される、鋭いヴァイオリンの響きの第一主題。サラッとして控えめな第二主題。細部まで行き届いた演奏で、とても繊細です。トゥッティと弱音の振幅はそれほど大きくはありません。 二楽章、穏やかですが、強弱の変化を付けて歌うクラリネットの主要主題。中間部のコラール風の旋律は陰影を感じさせるものです。 三楽章、速いテンポでサクサクと進みますがとても良く歌う主要主題。速いテンポですが、たっぷりとした歌で充実感があります。 四楽章、強弱の振幅はあまり大きくありませんが、緻密に組み上げられた精度の高い音楽です。コーダの黄昏の雰囲気もとても良いです。第一楽章の第一主題の回想も夢見るような儚さでした。 強弱の振幅はあまり大きくありませんでしたが、細部まで行き届いた緻密な演奏でした。歌もたっぷりとあり充実した表現の良い演奏だったと思います。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。. 交響曲第4番ホ短調 作品98(ドイツ語: Sinfonie Nr. Brahms: Symphonies No. 0 channel | SACD Stereo | CD Audio: DDD STEREO レーベル: RCA Red Seal 曲目 ブラームス Johannes Brahms交響曲 第3番 ヘ. ヨハネス・ブラームス( Johannes Brahms 、1833年 No.3&No.4 5月7日 - 1897年 4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。 J.

/4c149481a39d-216 /485598 /487415-205 /255

ブラームス交響曲 No.3&No.4

email: [email protected] - phone:(571) 931-1783 x 4459

Gri - 弦楽五重奏曲 弦楽三重奏曲

-> THE LAST FROM LENNI’
-> MAGIC IS A CHILD (REMASTERED)

ブラームス交響曲 No.3&No.4 - アクトレスガールズ


Sitemap 3

SONGS OF W.GUTHRIE - PRISON BLUES BOUND